新築一戸建ては10年保証で安心?

新築一戸建ては10年保証で安心? 多くのハウスメーカーでは新築後に一定の保証期間を設けています。
最も一般的なのは新築一戸建ての10年保証で、その期間内に発生した瑕疵についてはメンテナンス費用を無償とするものです。
建物の構造上に関する保証となりますので、居住者の過失による破損や焼損、また自然災害による破損については保証の対象とはなりませんので注意が必要です。
それらの災害に関しては居住者地震が加入する火災保険や地震保険などでカバーすることが重要です。
新築一戸建ての場合は、建築後10年程度であれば大きな不具合は出にくいものですが、例えば施工不良による雨漏りや傾き、配管工事ミスによる水漏れなど施工業者側に責任のある問題点に関しては保証の対象となります。
ただし住宅設備機器については、各メーカーの保証期間に準じますので取扱説明書と保証書を保管しておきましょう。
10年保証はハウスメーカーの自信の表れであると言えます。
メーカーによっては更に長い期間を保証するケースもありますので、ホームページなどでチェックしてみると良いでしょう。

2年保証期間とアフターサービスは区別する

2年保証期間とアフターサービスは区別する 新築一戸建て住宅の場合には、建物の構造上の重要な部分、たとえば天井、基礎、柱などといった部分であれば、住宅瑕疵担保履行法とよばれる法律によって、10年保証が義務付けられています。
したがって、通常であれば、なにか不都合があった場合であったとしても、工務店やデベロッパーなどに対して、補修などを求めることが可能となっています。
しかし、新築一戸建て住宅のなかでも、こうした法律の対象にはあたらない部分、たとえば壁紙のクロスのようなものであっても、別途、2年保証が付けられているのがふつうです。
このような法律または契約にもとづく保証というのは、工務店やデベロッパーなどが義務的に負っているものであり、アフターサービスとは区別したほうがよいといえます。
アフターサービスのほうは、あくまでも任意のサービスであって、保証がまったくないものや、保証期間が切れてしまっているものに対して、買主のほうで金銭を負担して、修繕や交換を実施してもらうというものです。